迷走気味だった花の慶次が、ガロ(風)スペックのST機になって登場ですね~。

チョロ打ちの初代からなんだかんだでお世話になってる花の慶次なので、期待したいところです。スペックも甘そう。。

_ _

スペック

今回の花の慶次は、マックスSTタイプ。

ST突入率55%(120回転まで)、通常大当り後は100回の時短が付くんで、初当り時のトータルST突入率は65%、ST突入後の継続率は85%となってます。なかなか強力ですね。。

▼基本データ

通常時:1/399.61
確変時:1/64.89(ST)
賞球数:3&7&8&14
電サポ:100/120
ST突入率:55%
ST継続率:85%
潜伏確変:ナシ
等価ボーダー:16.8

▼出玉 右アタッカー(9c 14)

_4R:約462個
_7R:約810個
16R:約1850個

▼大当り振分け

・ヘソ
4R確変(電サポ120):12%
7R確変(電サポ120):43%
4R通常(電サポ100):_3%
7R通常(電サポ100):42%

・電チュウ
_4R確変(電サポ120):30%
16R確変(電サポ120):70%

潜伏確変

初代(S-V)から、斬、雲のかなたに、愛、焔、漢、琉、と、なんだかんだ(薄いながら)搭載されてた花の慶次シリーズの潜伏確変ですけど、今回の真花の慶次では、ついに潜伏確変は非搭載、です。

こうやって全スペック並べてみると、結局全スペック朝一ランプを打ったことがあるんですよ。なので、薄い薄い思ってたけど意外と落ちてたんですね~

初代の花びらランプ、懐かしいです。。。

花の慶次がこれで、次のカイジも潜伏非搭載っぽいので、本格的に潜伏終了の流れ、ですかね。突入率と継続率が変えられるんなら潜伏なんて必要ない?んでしょう、、

どっちにしてもコケないことを願うばかりです。。

導入

導入予定日:2015年1月19日
予定販売台数:約60,000台

(C)隆慶一郎・原哲夫・麻生未央/NSP1990,版権許諾証YOS-207


_にほんブログ村 パチンコブログへ

にほんブログ村 パチンコブログへ