パチンコの新台乱発、後継機の頻度をエヴァ牙狼北斗等で確認してみる

パチンコの新台。

毎月毎月出てくる話題の最新台、話題の後継機。

エヴァ、海、牙狼、北斗…これだけ毎週毎月のように出てきたら、話題でもなんでもないですよね。

求心力もまるでなく、常連が新台のシマから新台のシマへと移動しているだけで、話題の後継機で新規の客を呼び寄せているとは、とてもではないけど思えません。

最近では多くても半シマ導入の店が、年末何を思い切ったのかボックスで導入した真慶次2。

導入週こそ盛っていましたけど今となっては

pachinkosim-180202

このありさま。

こんな物のために千万単位のお金を使うとか、よくやりますよね~

良く言われていることですけど、パチンコに元気がなくなったことの原因は、大きく見て3つ。

  • 低貸の繁殖
  • 軍団の増殖
  • 新台の乱発

その中の、新台の乱発、特に後継機の頻度について見てみたいと思います。追加スペックもすべて書くとえらいことになるから、メインスペックだけです。。

何の役にも立たない記事なので、暇つぶしの相手にどうぞ笑

_ _

新世紀エヴァンゲリオン

元々、パチンコやスロットの後継機というのは、忘れた頃に出てくるようなものでした。その流れを壊し、毎年毎年後継機。後継機は年中行事、というか年一ペースを作った最大の戦犯は、間違いなくエヴァンゲリオンですね。

2004年12月:新世紀エヴァンゲリオン
2006年_2月:エヴァ 〜セカンドインパクト〜
2007年_2月:エヴァ 〜奇跡の価値は〜
2008年_1月:エヴァ 〜使徒、再び〜
2009年_4月:エヴァ 〜最後のシ者〜
2010年_6月:ヱヴァ 〜始まりの福音〜
2012年_1月:ヱヴァンゲリヲン7
2013年_7月:ヱヴァンゲリヲン8
2014年11月:ヱヴァンゲリヲン9
2015年_9月:ヱヴァンゲリヲンX
2016年12月:ヱヴァ 〜いま、目覚めの時〜
2017年10月:ヱヴァンゲリヲン 2018年モデル

迷走が始まった、始まりの福音→7、7→8、の1年半が最長で、ほぼ1年に1機種ペース。

確かに「使徒、再び」あたりまでは、ビックリするくらいの客を引っ張ってきていたから凄かったんでしょうけど、今となってはエヴァの新台なんてそっぽ向かれているのが現実。

シマで導入しても即通路。

まだまだ前の機種が稼働しているうちから、後継機をリリースという流れを作ったエヴァの罪は大きいです。

ちなみにエヴァはスロットも酷くて

▼スロット

2005年10月:新世紀エヴァンゲリオン
2007年_7月:エヴァ 〜まごころを、君に〜
2008年_9月:エヴァ 〜約束の時〜
2010年_1月:エヴァ 〜魂の軌跡〜
2011年_3月:ヱヴァ 〜真実の翼〜
2012年_2月:ヱヴァ 〜生命の鼓動〜
2013年_2月:パチスロ EVANGELION
2014年_2月:ヱヴァ 〜決意の刻〜
2015年_6月:ヱヴァ 〜希望の槍〜
2015年12月:ヱヴァ 〜魂を繋ぐもの〜
2017年_2月:ヱヴァ 〜勝利への願い〜
2018年_2月:エヴァ 〜まごころを、君に〜2

記念すべき5号機第一弾となった初代エヴァ、まごころ、約束あたりまでは、まだ力も入っていただろうし、店の状況も相まって良台でしたけど、その後年一でクソ台乱発。狂気の沙汰ですね、、、

海物語

続いて海物語。

海物語は、いっときは海専門店があったり、他メーカーも海パクリの魚介系横スクロール台を各社1機種は出していたくらいの、まさにキングだから多少は仕方ないとはいえ、最近の乱発ぶりはどうかと思いますね~

1999年_2月:海物語
2002年11月:新海物語
2004年10月:新海物語スペシャル
2005年_4月:大海物語
2006年_5月:スーパー海物語
2007年_2月:スーパー海物語IN沖縄
2007年10月:ハイパー海物語INカリブ
2008年_7月:大海物語スペシャル
2009年_6月:スーパー海物語IN地中海
2009年11月:スーパー海物語IN沖縄2
2011年_2月:新海物語Withアグネス・ラム
2011年10月:プレミアム海物語
2012年_4月:大海物語2
2012年11月:デラックス海物語
2013年_7月:スーパー海物語IN沖縄3
2014年_2月:海物語アクア
2014年11月:まわるんパチンコ大海物語3
2015年_2月:大海物語3スペシャル
2015年_6月:大海物語BLACK
2015年12月:スーパー海物語IN JAPAN
2016年_3月:海物語3R
2016年_8月:スーパー海物語M55
2016年10月:スーパー海物語IN沖縄4
2016年12月:大海物語スペシャルMTE
2017年12月:大海物語4

最近の乱発は酷い、と思っていたけど、実は手を変え品を変え、昔から年一だったんですね、、

大海、スー海、沖海と、一応別々の後継機となっているからごま化されていましたね~

それでも2014年あたりからは年一どころではなくなって、加速しています。桜系のST機を後継機に含まずこれだから、入れたらもっと凄いことになりますね、、

しかし、沖海4の桜ver.、JAPANの金富士等のST機は出てきていたけど、意外と2017年はおとなしかったんですね。

海の場合は、大海→スー海→沖海→その他海、の年一で大丈夫なんでしょう。沖海で4年使えたら十分ですもんね。

慶次

慶次はエヴァが作った流れに、一番初めに乗っかった印象ですね。初代がウケる→後継機を出す→年一ペースへ、、、という。

2007年_7月:花の慶次SV
2009年_3月:花の慶次~斬
2010年_3月:花の慶次~愛
2011年_9月:花の慶次~焔
2012年11月:花の慶次~漢
2013年12月:花の慶次~琉
2015年_1月:真・花の慶次
2016年11月:花の慶次X~雲のかなたに~
2017年12月:真・花の慶次2

演出的にも、慶次が一番変わり映えがなく、最近でこそ機種ごとに変えてきているけど、初期はいつまで同じリーチ使うんだこのメーカー…ってドン引きしてましたからね。

牙狼

牙狼も酷いことになっています、、

2008年11月:牙狼
2010年12月:牙狼 〜RED REQUIEM〜
2012年_4月:牙狼魔戒閃騎鋼
2013年_5月:牙狼FINAL
2014年_7月:牙狼 金色になれ
2015年10月:牙狼 魔戒ノ花
2016年10月:牙狼 闇を照らす者
2016年11月:牙狼復刻版
2016年11月:牙狼 魔戒ノ花 〜BEAST OF GOLD〜
2016年12月:ANOTHER牙狼 〜炎の刻印〜
2017年_7月:牙狼 GOLDSTORM翔

衝撃の初代から、後継機というか追加スペックの甘「陰我消滅の日」が出るまで約2年。そこからスピンオフである呀鎧伝、牙王、桃幻の笛、絶狼を抜いたとしても、鋼以降は完全に年一ペース。

エヴァがやってるんだからいいだろう、といったノリに見えますね、、、

それでも、鋼~魔戒ノ花までは、色あせることもなかったですよね。後継機といってもそれぞれ独立した演出だったし。

マックスの代表作がマックス廃止と、スペックの辛さも相まって奈落の底な牙狼ですけど、今年も夏以降出てくるんでしょうね、、、

北斗

2002年_3月:北斗の拳
2005年_7月:北斗の拳2 伝承/強敵
2008年_9月:北斗の拳3 ラオウ/ケンシロウ
2010年_7月:北斗の拳4 剛掌/黒王
2013年_1月:北斗の拳5 覇者/百裂
2014年12月:北斗の拳6 拳王/宿命
2017年_4月:北斗の拳7 転生

北斗もしょっちゅう出てる気がするけど、意外とそうでもないんですよね。。。

エヴァが13年間で12機種に対して、北斗は15年間で7機種。これくらいが限界ですよね~

ルパン三世

1998年11月:ルパン三世
2002年11月:ルパンザサード
2005年11月:ルパン三世 タマダス島に眠る財宝
2008年_2月:ルパン三世ルピナスタワーのダイヤを狙え
2010年_2月:ルパン三世 徳川の秘宝を追え
2012年_4月:ルパン三世 World is mine
2013年11月:ルパン三世 消されたルパン
2015年_7月:ルパン三世 I’m a super hero
2016年10月:ルパン三世 Lupin the end

ルパンもしょっちゅう出てる気がするけど、20年間で9機種。不二子ちゃんのパンツが黒だとアツいとか言っていた初代が、もう20年前なんですね、、、

しかし2010年代に入ってからは、やっぱり少し多めな印象です。

弾球黙示録カイジ

2007年_8月:弾球黙示録カイジ
2009年_4月:弾球黙示録カイジ沼
2011年_4月:弾球黙示録カイジ2
2013年_1月:弾球黙示録カイジ沼2
2015年_2月:弾球黙示録カイジ3
2017年_4月:弾球黙示録カイジ沼3

1機種から派生する機種が多いから、これも出すぎな感じがあるカイジシリーズですけど、奇天烈メーカー高尾とは思えないくらい整然と2年周期。

あのアナーキーなスペックを作るメーカーのやることとは思えませんね~

いや、逆に変わっているともいえるわけですが、、、

初代が古い機種

CR以前~初期に出た機種も、しっかりと後継機が出ています。

▼フィーバーパワフル

1992年_8月:パワフルⅢ
1993年_8月:パワフルⅤ
1996年_7月:ビッグパワフルFX
2001年_8月:ワイドパワフルGP
2003年_8月:ワンダーパワフル
2005年_3月:パワフルIII
2005年_3月:ネオパワフル
2006年_5月:パワフルZERO
2009年_2月:パワフルワールド
2010年_2月:パワフルパレス
2015年_2月:パワフルDX
2018年_2月:パワフル2018

初代パワフルは1年後に後継機が出ていますけど
パワフルⅢ→保留連機
パワフルⅤ→数珠連機

と、まったく違うゲーム性だったから別機種で、その3年後に出たビッグパワフルはCR第一弾の確変機。当たっていたら、液晶が揃う前にアタッカーが一瞬早く開くんですよね笑

その後も淡々と、いつの時代もホールにはパワフルがありますね。ただ、店のメインコーナーに置かれるような存在になることはなく、メーカーもそういうスペックで出すこともなく、連チャン機、CR機、ST10000、潜伏搭載のライト、甘海タイプと、時代の流れを汲みつつ常に脇に居る感じで、これはありですよね。

安心のゲーム性です。

▼モンスターハウス

1996年__月:モンスターハウス
2000年_1月:わたしがマコちゃん
2002年_4月:モンスターマンション
2004年_7月:モンスターオーケストラ
2005年10月:モンスタービレッジ
2008年_7月:お江戸deモンスター
2008年_9月:ミニミニモンスター
2009年_7月:モンスターパーティ
2010年_3月:モンスターキャッスル
2010年_9月:ミニミニモンスター2
2012年_4月:ミニミニモンスター3
2016年10月:ミニミニモンスター3イナズマver.

モンスターハウスシリーズも何気に出てますね、、、今ホールに残っているのはミニミニモンスター3イナズマver.くらいですよね。竹屋唯一の売りだから逆に心配になります、、

▼花満開

1993年_6月:花満開
1998年_7月:花満伝説
2001年10月:花満
2004年_3月:花満開極
2006年_4月:花満開煌
2008年_2月:花満開MT
2011年_4月:花満開麗
2012年_3月:花満開彩
2013年_5月:花満開極上
2015年_4月:甦りぱちんこ〜花満開〜
2017年_4月:花満開~天ノ舞~

花満開もいっとき年一で出していましたね。エヴァになろうと思ったんですかね笑

それでも全体で見ると25年間で11機種ですからね~

▼黄門ちゃま

1994年__月:黄門ちゃま2
2002年_3月:帰ってきた黄門ちゃま
2007年_5月:時代をまたぐよ!黄門ちゃま
2012年_2月:黄門ちゃま寿
2016年_8月:ドラム黄門ちゃま またまたゴチでやんす!
2018年_1月:黄門ちゃま~神盛JUGDEMENT~

黄門ちゃまは、CR初期の名機だからリメイクは当然でしょうけど、助さん格さんが今のキャラになってからは出しすぎですよね、、と思っていたら、意外とそうでもないですね。

このペースでお腹いっぱいなんだから、エヴァや慶次がどれだけ出過ぎかってことですね。

京楽

自分の中では、後継機を大事にリリースしているナンバーワンは京楽ですね。5年くらい平気で空けるし、追加スペックも乱発しないし、美空みたいに2でシメたり、ジョーみたいに売れたのに続編がなかったり。

筐体におもちゃを付けまくって値段を高騰させたのはアレとして、この部分は非常に好感を持てると思います。。

▼水戸黄門

2005年_5月:水戸黄門
2010年_8月:ぱちんこ爽快水戸黄門2
2017年_2月:ぱちんこ水戸黄門III

▼冬のソナタ

2006年_3月:冬のソナタ
2008年_3月:冬のソナタ2
2013年_2月:冬のソナタ Final

▼仮面ライダー

2004年_2月:仮面ライダー
2007年_7月:仮面ライダーショッカー全滅大作戦
2009年10月:仮面ライダーMAX EDITION
2013年10月:仮面ライダーV3
2015年10月:仮面ライダー フルスロットル

▼必殺仕事人

2001年_6月:必殺仕事人
2003年_4月:必殺仕事人激闘編
2007年_4月:必殺仕事人Ⅲ
2011年12月:必殺仕事人Ⅳ
2017年_5月:必殺仕事人Ⅴ

藤商事

藤も実は後継機を大事にしていますよね~

▼リング

2011年_8月:リング 呪いの7日間
2014年_7月:リング 運命の日
2015年_7月:リング 呪い再び
2017年_7月:リング 終焉の刻

▼地獄少女

2011年11月:地獄少女
2015年_4月:地獄少女 弐
2018年_1月:地獄少女 宵伽

まとめ

といった感じで、後継機乱発については前からまとめてみたかったんですけど、思いのほかとりとめのない記事になってしまいました、、、

それでも、ダラダラと確認しつつ書いてみましたけど、やっぱり後継機は出すぎですよね。特に年一が当たり前になっているメーカーには考えてほしいものです。

まだ新しいコンテンツだとわかりますよ、まどかマギカはおそらく新規の客を呼んだだろうし、そういう求心力があるコンテンツはまだあるのでしょう。

しかし、今更エヴァの新台、北斗の新台が出るから初めてのパチンコ屋に、またまた久しぶりにパチンコ屋に行ってみよう。という人は少ないと思います、

せめて、同じ機種名の後継機は、同じ筐体では出さないくらいの期間は空けてほしいですね。エヴァなんて混在しすぎて何がなにやら状態ですからね、、

そういえばスロットも3号機までは確か、1メーカー2機種までしか出せなくて、どこも作り込んで出していたらしいし。

ヘタな鉄砲数打てば当たる、に付き合わされて買わされるホールと、自分ら打ち手にとって、何もいいことないですよね。後継機、毎年の乱発。

イチ打ち手がこんな弱小ブログで書いたからといって、何一つ状況は変わるはずありませんけど、新台入替はホント減ってもらいたい、というか、意味のあるものであって欲しいですね。。。


_にほんブログ村 パチンコブログへ

にほんブログ村 パチンコブログへ